女性の身体はデリケート

卵巣
の病気

卵巣の病気

妊娠や出産に深く関わる器官=卵巣

卵巣は、女性の妊娠や出産に深く関わる大切な器官です。

卵子を作りだし、成熟させ、排卵を起こす働きをします。また、女性ホルモンを分泌する大切な役割も担っています。

卵巣がん

現在作成中です。

卵巣腫瘍

卵巣に腫瘍が発生する頻度は、女性の全生涯でみると5~7%とされます。排卵回数と遺伝因子が関連します。

卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2〜3cm程度の大きさです。この卵巣にはれが生じた状態を卵巣腫瘍といい、多くは卵巣の片側に発生しますが、両側に発生することもあります。 

 

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

正常な排卵が行われない排卵障害として、不妊症の大きな原因のひとつになっています。

 

神楽坂・飯田橋・牛込神楽坂駅近の婦人科【神楽坂レディースクリニック】

〒162-0825  東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル4階

 TEL / FAX:03-5579-2198

Copyright © Kagurazaka Ladies Clinic. All rights reserved.